HOME
  • 施工課題と対応例

施工課題と対応例

現場状況はつねに一定とは限らず、狭隘地による超コンパクト施工、
上空制限による低空頭施工、高低差による吊り上げ施工・他、様々な作業環境と、
地盤状況に応じた手法を工事部、技術部、管理部とが一丸となり現地調査~ 
施工計画の立案、提案までを一貫体制ならではの迅速かつ的確な対応で   
ご提供いたします。


某 マンション新築工事

最強鋼管杭基礎誕生!「拡頭構造」+「拡底構造」+「高支持力」だから、e-pile next

工事名
某 マンション新築工事
施工地
神奈川県藤沢市
用 途
共同住宅
構 造
壁式鉄筋コンクリート造(WRC)
階 数
地上3階
杭の種類
φ267.4mm (拡頭径)φ355.6mm L=8.53m Dw650mm 7set
φ318.5mm (拡頭径)φ406.4mm L=8.555m Dw700mm 11set
φ355.6mm (拡頭径)φ508.0mm L=8.708m Dw750mm  5set
課題となった点
本物件は湘南地区の国道沿いに建設される(某)マンション新築計画の杭基礎工事です。
課題となった点は、調査結果により地層上層部は盛土・腐植土で構成されており含水比等、周辺土壌環境の配慮と計画規模から経済性の高い鋼管杭での対応が可能か問われました。
対応
e-pile next工法は、平成24年10月この厳格な時代、新たに拡頭構造が加わり国土交通省大臣認定を取得しました。拡頭径はφ216.3mm~φ508.0mmまでの幅広いラインナップでこれによる高い経済性安全性の高評価をいただき採用となりました。

某計画 新築工事

幅広い自社保有機械で・・・だから、e-pile next

工事名
某計画 新築工事
施工地
神奈川県横浜市緑区
用 途
住宅
杭の種類
φ139.5mm L=11.5m~13.0m Dw350mm 40set
課題となった点
本物件は閑静な住宅街の高台に建設する専用住宅2棟現場の杭基礎工事です。
課題となった点は、敷地高低差により打設位置まで施工機械が接近できないことや、長尺・拡翼仕様による施工能力を備えた機械選定等が課題となりました。
対応
幅広い自社保有機械のラインナップから今回はオリジナルの杭打ち機TB-100Hを選定しました。
本機はリーダーレス、クレーン式杭打機のため、離隔作業の優位性を保持することから、高低差等、離れた位置への打設作業にも優れているため、安全且つスムーズに作業を完工することが出来ました。

(仮称)某駅舎 建設工事

杭先端の菱形孔が鍵となる・・・だから、e-pile next

工事名
(仮称)某駅舎 建設工事
施工地
静岡県
用 途
中空廊下・昇降機
杭の種類
φ165.2mm L=13.0m Dw400mm 18set
課題となった点
本物件はリゾート地の高台にある既存駅舎と新設総合病院施設を結ぶ中空廊下の杭基礎工事です。
課題となった点は、地質調査の結果により地盤中の土質が安山岩で構成されている事や、その中に大型の転石が点在している事、また施工場所が高台、狭隘地により施工機の搬入が困難であることが課題となりました。
対応
現地調査の結果、搬入路がないため130tクレーンを使用し、重量9,000kgの小型施工機械を吊り入れ行う事となりました。貫入地層は表層から中間層にかけて所々転石が混在しているため、転石用ケーシングと岩盤用スクリューを準備し施工にあたりましたが、e-pile nextの最大の特徴となる杭先端の菱形孔切削刃とが抜群の掘削性能を発揮し、スムーズに所定の設計深度まで貫入させる事ができました。

某 老人ホーム新築工事

傾斜地での支持地盤の不陸による迅速な杭長増減対応・・・だから、e-pile next

工事名
某 老人ホーム新築工事
施工地
東京都町田市
用 途
老人ホーム
構 造
鉄筋コンクリート造(地下)鉄骨造(地上)
階 数
地下1階、地上3階
杭の種類
φ355.6mm L=10.4m~14.6m Dw650mm、Dw700mm 89set
課題となった点
本物件は国内最大級のニュータウンに建設される有料老人ホーム新築工事の杭基礎工事です。課題となった点は、傾斜地による支持地盤の不陸から杭長増減の迅速な対応と、確実な支持地盤への打ち止め管理が課題となりました。
対応
e-pile nextは、回転圧入工法により正転・押し込み、逆転・引き抜きが容易に行うことができる事で、埋土混入による障害物対応や支持地盤の深度に合わせた継ぎ杭、切断が適宜調整できます。また、支持層到達時の打ち止め管理は、専用のCP管理装置により打設貫入時の抵杭値をリアルタイムに計測・確認をしながら施工するためより確かな品質を確保しております。

ページトップへ戻る