製品仕様

e-pile nextストレート管仕様一覧

e-pile next ストレート管断面諸元

e-pile next ストレート管許容圧縮強さ

  • ※ 設計上必要な場合は、表中の厚さを超えて製作する場合があります。
  • ※ STK490、SKK490の項目にはSTKN490B材も含まれます。
  • ※ STK540については、平成12年建設省告示2464号による。
  • F:基準強度,STK400,SKK400では235N/mm2,STK490,SKK490では325N/mm2
  • Rc:低減率 Rc=0.80+2.5(t-c)/r
  • t:くい体鋼管厚(mm),c:腐食代(1mm),r:くい体の半径(mm)
  • fc:長期許容圧縮応力度 fc=Rc・F/1.5
  • 短期許容圧縮応力度は、長期許容圧縮応力度の1.5倍

拡頭管仕様一覧

e-pile next 拡頭管許容圧縮強さ

  • ※ 設計上必要な場合は、表中の厚さを超えて製作する場合があります。
  • ※ STK490、SKK490の項目にはSTKN490B材も含まれます。
  • ※ STK540については、平成12年建設省告示2464号による。
  • F:基準強度,STK400、SKK400では235N/mm2、STKN490B、STK490、SKK490では325N/mm2
  • Rc:低減率 Rc=0.80+2.5(t-c)/r
  • t:くい体鋼管厚(mm),c:腐食代(1mm),r:くい体の半径(mm)
  • fc:長期許容圧縮応力度 fc=Rc・F/1.5
  • 短期許容圧縮応力度は、長期許容圧縮応力度の1.5倍

e-pile next 拡頭管許容曲げ強さ

  • ※ 設計上必要な場合は、表中の厚さを超えて製作する場合があります。
  • Z:断面係数
  • F:基準強度、STK400,SKK400では235N/mm2,STK490,STKN490B、SKK490では325N/mm2
    その他、国土交通大臣が認定する基準強度。
  • Rc:低減率 Rc=0.80+2.5(t-c)/r
  • t:くい体鋼管厚(mm),c:腐食代(1mm),r:くい体の半径(mm)
  • fc:長期許容圧縮応力度 fc=Rc・F/1.5
  • 短期許容圧縮応力度は、長期許容圧縮応力度の1.5倍

ページトップへ戻る