環境性能

21世紀は地球規模での環境創造・保全の世紀です。
建設工事と環境との関わりは大きく杭基礎工事も決して例外ではありません。
ここではe-pile next工法が果たす目的と役割をご紹介いたします。

生活環境の保護
・低騒音・低振動工法の採用
・地下水・土壌汚染の防止
・安全性(耐震性・耐久性)
産業廃棄物の抑制とリサイクル性
・土地に負の遺産を残さない
・撤去性及びリサイクル性
・スクラップ還元による産業廃棄物減
 (リサイクル)
・無残土工法による残土減
・交通渋滞の緩和残土運搬車両の削減
・長寿命化(耐久性・耐震性)

地球温暖化の防止、
     オゾン層の保護
・CO2の削減
・運搬・建設用機械の合理化・省エネ
 (残土処理の削減)
・LCA※手法の確立
・NOx・SOx削減
※LCA:ライフサイクルアセスメント
 (建設工事における材料製造から施設完成後の利用・維持を含めたライフサイクルにおいて環境に及ぼす影響評価手法)
河川・海洋汚染の防止
・産業廃棄物の削減
・工事排水の削減
エコマーク認定
e-pile nextはエコマーク認定商品です。「エコマーク認定」は、財団法人日本環境協会が商品の環境性能を評価し、“環境保全”に役立つものとして厳しい審査をクリアしたものだけが与えられる称号です。
e-pile nextは
「排土量が少ない
鋼管杭」というジャ
ンル内における、
無排土鋼管杭とし
て位置づけられて
おります。

ライフサイクル

ページトップへ戻る