杭配置と基礎形状

へりあきと杭芯間隔はe-pile工法の小径・高支持力杭という特徴を活かし基礎形状も
コンパクト化による経済性向上を実現しております。

D =杭本体径
Dw=杭先端羽根部径

杭芯間隔:(D+Dw)以上
へりあき :(1.25D)以上

※ 上記へりあきと杭芯間隔の寸法は標準的最小寸法を表しており、実計画におきましては設計者様の個々の判断が必要となりますのでご了承下さい。

e-pile next配置例

杭頭接合部設計例

杭に水平力を負担させない場合
接合例①
杭頭キャップは、厚さ3.2mm程度の円形鉄板を溶接(断続溶接)し取り付ける。



杭に水平力を負担させる場合、または杭頭固定度αr=1.0と仮定する場合

接合例①
杭頭部に鉄筋を溶接する。
杭体のフーチング内への飲み込みは、200mm程度とし杭内部への中詰めコンクリートの充填は +200mm程度とする。
接合例②
杭体をフーチング内へ D以上飲み込ませ、杭内部への中詰めコンクリートの充填は 2D程度とする。
接合例③
杭内のフーチング内への飲み込みは100mm程度とし杭内部へ結束鉄筋(パイルバスケット)とコンクリートを1.5D以上挿入する。

※上記は標準的仕様です。 杭頭鉄筋の仕様については個別に検討が必要となります。

ページトップへ戻る